MQL5シグナル配信の活用、メリットとデメリットを認識しよう

最強のFX業者「XM」

国内業者に真似できない、ハイレバレッジ888倍
もしもの時も安心な追証無し
充実した3つのポイントプログラム
多くの国で金融ライセンス取得
リクオート無しの高い約定力!
MT4で自動売買が可能
VPSの無料使用で24時間取引が可能
複数口座で様々な取引スタイルに対応
日本語OK!日本人に最も選ばれている海外FX業者!

「XM」無料口座開設で、3,000円獲得!

さらに、当サイト限定【4,000円×3回】の報酬獲得!!

特典の詳細はこちら

 

XMの標準プラットフォームに採用されているMT4は、多機能で自動売買に対応しています。

今回はMQL5のシグナル配信を活用したMT4によるコピートレードについて紹介します。

コピートレードのメリットとデメリット紹介

MQL5のシグナル配信を活用したコピートレードは、実際に利益を出しているトレーダーを模倣するトレード手法です。

しかしこの方法も万能ではないので、メリットとデメリットを確認しておく必要があります。

コピートレードのメリット

・自分でトレードしないので、チャートや経済の勉強をしなくてもよい

・パソコンに張り付いている必要がないので夜もぐっすり眠れるし、仕事にも集中できる

実績を上げているトレーダーを選ぶだけで、その人と同じ結果が出せる

コピートレードのデメリット

・過去に実績を上げているトレーダーでも、将来大きな損失を出す可能性がある

・悪い結果が出た場合、受信者がリスクを負う

・コピートレードに使っている口座の資金はリスクにさらされている

資金は自分の手元においてありますが、取引を任せるので、投資信託に似ているところがあります。

リスク管理をしっかりすれば問題なし

MT4には口座の資金を何パーセントまで使うか、残高がどれだけになったらトレードを中止するかなどを設定できます。

メリットとデメリットを理解して、しっかりリスク管理を行えば思わぬ事態にも対応できます。

世界のトップトレーダーと同じ結果を出せる

MQL5のシグナル配信を活用したMT4によるコピートレードができるようになると、世界のトップトレーダーと同じ結果が出せます。

MQL5とは?

MQL5とはMT4を開発したメタクオーツ社が運営しているコミュニティーサイトです。

XMからダウンロードしたMT4もXM用にチューニングされているだけで、基本的にはメタクオーツ社の製品です。

MQL5はMT4のインディケーターや、EA(エキスパート・アドバイザー)シグナルなどを提供します。

MT4はXMからダウンロードしたままの状態でも十分使えるアプリですが、MQL5を活用すればさらに使いやすく強力なアプリに進化します。

シグナルとは

シグナルとは、MQL5のコミュニティーに参加している世界中のトレーダーから、MT4を中継して配信されている信号のことです。

この信号は、購読者(受信者)に対して、「どの通貨で」、「どこでポジションを取り」、「どこで決済したか」などが配信されるので、自分のMT4で配信者のトレードをそのまま再現することが可能となるのです。

MQL5コミュニティーに参加

MQL5を利用するにはアカウントを作る必要がありますが、この時点で費用は一切必要ありません

有料のインディケーター、EA(エキスパート・アドバイザー)、シグナルを購入する場合には入金が必要ですが、無料のものも多く存在するので、必ずしも入金が必要なわけではありません。

MQL5のアカウント作成には個人情報の入力の必要もなく、用意するものはメールアドレスだけです。

MQL5コミュニティーから、自分に合ったシグナルを選ぶ

MQL5にログインしたら、サイト上部から「シグナル」を選びます。

ここにはデモトレードしかやったことがない新人のトレーダーから、何千万単位の資金を動かしている凄腕トレーダーまで参加しています。

シグナルには有料のものと無料のものが存在します。

シグナルは月額制で、表示されている金額は月にかかる金額を指しています。

月額1千万円など高額なものものもありますが、高額なシグナルが良いシグナルとも限りません。

【参考】MQL5シグナル配信の選び方

良いシグナルの選び方

MQL5のシグナルを選ぶうえで抑えておきたい基本のパラメータは次の通りです。

成長率…最初の資金をどれだけ増やせたか
購読者数…現在購読している人がどれだけいるかの人気を表します。
勝率…利益で終わったトレードがどれだけあるかを表します。
最大ドローダウン数…トレード中の含み損や損切決済など口座に入った資金からの最大損失を表します。
残高…配信者の口座に入っている資金です。
価格…購読(コピー)に必要な費用です。ドルで表示されています。

無料でも、良いパラメーターのシグナルもあります。

シグナルの使い方を覚えるためにも、まずは無料のシグナルから初めてみるのもよいでしょう。

無料のシグナルを探すには、シグナルのページにあるフィルターから条件選択の購読料を$0-$0に設定すれば探せます。

無料シグナルを検索する場合の注意点

シグナルの検索はMQL5サイトと、MT4のターミナルから検索ができます。

無料シグナルは、デモトレードで配信しているものが多くあります。

デモトレードで配信しているシグナルは、実際にお金を動かしていないため無茶なトレードをしている場合があるので危険です。

無料シグナルを検索する場合は、リアル口座かどうかのチェックは必須です。

下記はMT4から検索したシグナルの詳細画面です。

トレードモードにRealと記載があれば、リアルトレードで運用しているシグナルと確認できます。

シグナル配信によるコピートレードの始め方

シグナル情報をしっかり吟味しても実際にコピートレードを開始してみないと、すべてを理解するのは難しいと思います。

初めてシグナルトレードを行う場合はもちろん、初めて使うシグナル一度デモ口座で運用してみるのをおススメします。

まずはデモトレードからスタート

XMのデモ口座を作るのは1分もかかりません。

複数のデモ口座を持つことができて、しかも無期限です。

デモ口座を作るために入力する項目は下記のとおりです(記入例は福沢諭吉先生のお名前を拝借しています)。

デモ口座開設の注意点

プラットフォームタイプ…リアル口座と同じものにします。

口座タイプ…デモ口座ではマイクロ口座が選択できません。

口座の基本通貨…リアル口座と同様にJPYと入力

レバレッジ…1:888のままでいいです。

投資額…1000円から500万円まで選べますが、リアル口座で運用が可能な額に近いほうがいいです。

MT4のデモ口座設定とシグナル受信設定

デモ口座開設の必要事項を入力し口座開設ボタンを押すと、すぐに登録したメールアドレスにデモ口座IDとサーバー名が届きます。

リアル口座と同様の手順で、MT4にデモ口座のID,パスワード,サーバー名を入力しログインします。

いよいよシグナルの受信設定を行います。

MT4からツール>オプションでコミュニティーのタブを開きます。


MQL5のログインアカウントとパスワードをここに入力します。

MQL5サイトで気に入ったシグナルがあったら、シグナル名をMT4右上の虫眼鏡のボタンで検索します。


ターミナルにシグナルの検索結果が出るので、MQL5のパスワードを入力し購読します。

MT4のツール>オプションのシグナルタブでシグナルの詳細設定を行います。

チェック項目は下記のようにすべてチェックを入れます。

次の3つの項目はコピートレードするうえで最も重要なリスク管理にかかわる項目です。

最大証拠金使用率: 現在の口座にある資金の何パーセントをコピートレードで運用するかを決めます。

証拠金が下回ったらストップ: ここで設定した金額を下回ったらコピートレードを終了します。

許容差/スリッページ: 0.5から5.0まで設定できます(なるべく小さい値を入れます)。

MT4のツール>オプションの「エキスパートアドバイザー」から自動設定を下記のように設定すれば自動売買の設定は完了です。


後はシグナル配信者がトレードを開始するのを待つだけです。

シグナル配信者がすでにポジションを持っている場合は自動売買設定が完了後、すぐにポジションが同期されます。

まとめ

コピートレードはメリットとデメリットを理解して、しっかりリスク管理すれば世界のトップトレーダーと同じ結果を出せる素晴らしいトレード手法です。

あなたもXMの標準プラットフォームMT4で、MQL5のシグナルを活用したコピートレードを体験してみるのはいかがでしょうか?

FX取引は予期せぬ損失が発生する場合があります。
証拠金の取り扱いには十分注意し、取引の最終判断は各個人行ってください。
当サイトは利用者が利益を上げるような情報を提供していますが、これらの情報により損失が出た場合でも、一切の責任を負いかねます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする